酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
沖縄の旧盆・エイサー見物記その5
園田青年会を堪能した僕は、コインパーキングから車を出し、ホテルへ向かいました。

というのも、デジカメのメモリーがオーバーフローしてしまったからですが(爆)

すると、なんとラッキーなことか、ホテル前に更なる別の青年会が休憩中ではないですか!!
それも、園田と並んでハイレベルな団体として知られる呉屋青年会。

すぐに車をホテルの駐車場に入れ、ホテルの部屋に控えておいたPCで部屋で撮影した動画のメモリーをストレージに転写する。

ホテルの外に出ると、青年会の皆さんはすでに出発していたけれども、どうやらこの近所にいるらしい。
音を頼りに歩いていくと、ホテルのすぐそばにいた。


しかし不思議なことに、音はすれども動きがない。進行すら止まっている。

「……もしや……」

予想は大当たり、先頭に幟旗が二差しある。しかもその向こうに別の青年会がいて、音の源はそちららしい。

そう、複数の青年会同士のエイサー合戦「ガーエー」の始まりである。
しかも呉屋青年会vs園田青年会というプレミアカード!



双方の青年会の上げる激しいフェーシ(囃子)と熱気あふれる演舞


仲順流り、久高万寿主、テンヨー、スーリ東、固み節……etc

双方からの囃子フェーシは、もうどちらがどの曲を演じているかさえ分からなくなるほどの熱気と喧騒。
しかしその中にあって、彼らは自らの曲を見失うことなく、ひたすら一糸乱れぬ演舞を続ける。


呉屋青年会の後ろから見ているのだが、何としても前に行きたい。
しかしこの小路+これだけのエイサーの動き+見物者の混雑で、身動きが取れない。

前に見に行けないという悔しさは、もう!!
森の練りや掛川の徹花のときにも感じることですが、めったに行けない沖縄の、それも名門青年会同士のガーエーの最前線を見に行けないというのがなんとも悔しい!!

そうしているうちに、片方の三線の音が途切れ、ついに合戦は終了。
見物客からの惜しみない拍手が印象的でした。

しかしそれでもそう簡単には終わりません。双方から再び唐船ドーイがスタートしました。


ガーエーのスタートからかれこれ30分以上は経ったでしょう。
シメに観客から再び贈られた万雷の拍手が爽快でした。

ここで呉屋が太鼓を片付け始めたので、再び園田へついて行くことにしました。


気がついたら2時を軽くオーバー。ホテルの自室に戻って動画の速報版を圧縮・つべにupし終えたときには3時になっていましたとさ(笑)
[PR]
by talisker1969 | 2010-09-04 10:25 | エイサー
<< 二俣まつり 沖縄の旧盆・エイサー見物記その4 >>


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧