酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
「おもてなし」とは何ぞや
お久しぶりです。

「凧」後のごあいさつもなく、ずーっとほかっていましたが、ブログを復活いたします。
今後ともデホーにお付き合いいただければ幸甚です。
ということで、「森町飯田天王祭」「遠州大念仏」「二俣まつり」を近日公開します。

さて、表題の「おもてなし」についてです。

「おもてなしの町、浜松」
ご存じ、浜松の観光コンベンションビューローが喧伝している浜松のキャッチコピーです。

で、観光のキーワードとしての「おもてなし」って、何なんでしょう?と思うわけですね。
一昨年でしたっけ?有川浩の『県庁おもてなし課』がスマッシュヒットした際にも、観光における「おもてなし」がキーワードになったわけですが……

祭礼や伝統行事(特に我々の「凧」)に関して言えば、何をすれば「おもてなし」になるのでしょう?

伝統行事を観光の一環に組み込むことはどこでもやってます。

しかし、伝統行事の内容そのものはたいして「おもてなし」とは言えません。
たとえばJR駅舎でのポスター掲示拒否が問題になった岩手県の蘇民祭。
あるいは異形の神が誰彼かまわず泥を塗りつけまくる沖縄宮古島のパーントゥ・プナハ。
日常・あるいは常識の観点から見れば、むしろ不気味だったり不快だったりということだってあります。

それに参加者(あるいは行事の実行者)は見物に来た人に対して酒食をふるまうわけでも何かモノをプレゼントするわけでもありません。

しかし人々は祭事を見物に来ます。
ある時は「古式ゆかしき優雅な舞」を見に、
ある時は「町衆の心意気」を感じに、
またある時は「浄化と再生」を共有しに、
さらには「勇壮で圧倒的な迫力」を共感しに、

それは「よきものとして受け継がれて来たもの」を感じるためと言ってもよいでしょう。
たとえ現場の人間が見物客と接触せずとも、伝統を伝統として堂々と見せれば、それは「おもてなし」なのだと考えます。

「朕の新儀は未来の先例」とのたもうた帝がいましたが、「未来の先例」となれるだけの合理的論拠もなく、軽佻浮薄に時代に迎合するような「新儀」は「おもてなし」とはとうていなれるはずがありません。


迫力や美しさをはっきりと見せる努力
受け継がれるべく受け継がれてきた伝統

これを守っていくことが大事だと思います。
[PR]
# by talisker1969 | 2013-08-19 23:56 | 祭全般 | Comments(0)
いよいよ!!
当日がやって参りました。

皆様体調は万全でしょうか。


それでは現場でよろしくお願いいたします!!
[PR]
# by talisker1969 | 2013-05-03 06:35 | | Comments(1)
どの町内でも同じだと思いますが……統制ある凧揚祭のために
去年言い忘れたことですが……

(町内回覧より引用です)

1 浜松まつり期間中についてのお願い
 さて、本年も恒例の浜松まつりが近づいてまいりました。例年町民の皆様には、まつりの人出、賑わいについてご理解をいただいているところでありますが、本年もまつり期間中には昼夜多くの人出が予想されます。
 自治会・組員とも騒音対策等には注意をしております。本年も町民の行事としての浜松まつりにご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いします。


2 練りの参加についてお願い
(1)危険防止のため、小中学生以下の子供は、保護者同伴でも練りの中に入ることはできません。
(2)未成年者の飲酒・喫煙を絶対にさせないよう、保護者の皆様には充分ご指導願います。

3 ワッペンについて
ワッペンは身分証明書です。
まつり期間中に事故等がありました場合には、ワッペンをお買い上げいただいたお宅にて全責任を負っていただきますので、法被の貸し出し等につきましては、十分にご注意ください。

上記の件、なにとぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by talisker1969 | 2013-05-01 22:30 | | Comments(0)
天上大風
b0088002_1155946.jpg

馬込川河口までチャリで来ました。

ただいま風ブンブンです。

当日もこんな風を祈って。
[PR]
# by talisker1969 | 2013-04-27 11:55 | | Comments(0)
花のロマンをやさしく秘めて
歌手の田端義夫さん死去 バタやん、「大利根月夜」
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013042501001171.html

浜松では田端義夫さんのご当地ソング「浜松夜曲」が思い出されます。



その昔、凧場では「浜松夜曲」と小唄勝太郎さんの「凧あげ音頭」そして市丸さんの「浜松まつり唄」「凧あげ小唄」の四曲がずっと流れていました。
おふくろの昔語りでは、この時期、有楽街・モール街・千歳柳通りでも夜になるとBGMとして流れていたそうです。

また一歩、昭和が遠くなってしまったような気がします。
ご冥福をお祈りします。
[PR]
# by talisker1969 | 2013-04-25 23:04 | 地域 | Comments(0)
樟脳のにおいとともに
いよいよ水引幕と見送りの緞帳の樟脳抜きまでやってきました。
b0088002_2311975.jpg

当町のシンボルでもある、狐の嫁入りの図です。

で、ふと思ったこと。
b0088002_234416.jpg

先頭は見てのとおり、裃の露払いの後ろに続く四つ手駕籠の舁き手は釘抜き紋の黒い装束。
もともと東田町では黒の法被は役員および施主限定で、一般の法被が浅葱でした。
駕籠舁きが黒装束なのは施主家だからなのでしょう。


しかし、
b0088002_23161731.jpg

後方の挟箱・長持を持っている狐は茶色の装束。


ご存じのとおり、現在東田町には茶色の法被はありません。
(僕の記憶の範囲では、少なくとも昭和40年代以降ありません。)
とはいえ、茶色は「団十郎茶」「芝翫茶」「璃寛茶」「葡萄茶」など、歌舞伎になくてはならない日本の伝統色です。

刺繍・染色に青系の色が使いにくかったから?
田町インスパイアで茶の装束にした?
それとも、かつて東田町に茶の法被があった?

「たまたまだよ」なのか、それとも深い意味があるのか、考え始めると、いろいろ興味深いものです。
[PR]
# by talisker1969 | 2013-04-22 23:53 | | Comments(0)
あと1カ月を切りました。
さてさて、本番まで1カ月を切りましたね。

過日新聞記事にもありましたが、「ディズニー関連の警備と安全は大丈夫?」という不安はやはりあるわけです。

万が一、
・ディズニーだけが目当ての客が退避するのと、屋台の出発準備で気が立っている参加者との間でトラブルが発生したらどうなるのか?
とか、
・見物客に不用意に屋台を触られて傷つけられでもしたら、その責任はだれに帰するのか?

など、いろいろな不安は全くぬぐえません。

こんな話題はすでに組織委員会で議論が尽くされているのかと思ったのですが、今になって「まずい……」と口走られても、こちらの方が不安になります。
(この組織委員会も、統監部員に発言権があるかどうかさえ疑わしい、現場不在の不毛な組織ですが。)

どうか、絶対無事故での祭り、力強い我々の「凧」を執行できますように祈りましょう。
[PR]
# by talisker1969 | 2013-04-11 22:28 | | Comments(0)
今年の凧に向けて
全く更新が途絶えていました。こんな些細なブログでも見ていただいている皆様、申し訳ございませんでした。
今年も変わらぬご笑覧を賜りますようお願いいたします。

さて、2月も下旬となり、お祭りの準備の話題も聞こえてきました。

その一方でディズニー関連をはじめとするうわさもいろいろ聞こえてくるわけです。

諸費用の値上げだけでなく、いろいろな制約も増えるように伺っています。


そうは言っても、僕らの「凧」はきちんと成功させたいわけです。
施主の期待と町のプライドにかけても。


天上台風、祭の本道が損なわれることのないよう、「祭りとは何か」を、これからも皆さんと考えていきましょう。
[PR]
# by talisker1969 | 2013-02-24 23:58 | | Comments(0)
平成24年 掛川大祭(その3)
更新が遅れてしまって申し訳ありませんでした。
で、今年の掛川大祭での、Myベストシーンです。


普通に見ればどうということのないシーンなのですが、よくよく見てみると……
……あとは和の芸事に詳しい方に聞いてくださいwww
[PR]
# by talisker1969 | 2012-11-28 23:20 | 掛川祭 | Comments(0)
平成24年 掛川大祭(その2)
獅子・屋台・そして余興、いろいろな要素のある掛川ですが、きちんと掛川の伝統をきちんと守っている町々に敬意を表して。

[PR]
# by talisker1969 | 2012-10-16 21:18 | 掛川祭 | Comments(0)


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のコメント
ご参加いただき、ありがと..
by talisker1969 at 23:27
当日になってしまって済み..
by talisker1969 at 17:06
>doskey様 コメ..
by talisker1969 at 21:55
あの太鼓から腹の底まで響..
by doskey at 19:01
ご祭禮おめでとうございま..
by ろう at 11:30
>遠州人 さま ようこ..
by talisker1969 at 21:23
 大変ご無沙汰しておりま..
by 遠州人 at 20:47
お返事遅くなりまして申し..
by talisker1969 at 23:19
歴史ある雄踏の祭にガラが..
by 凧揚げ祭は中田島海岸でやってく at 15:00
発言者様> まことに失..
by talisker1969 at 21:29
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧