酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
町内回覧からの引用
小うるさいことと思し召しかもしれませんが、地元の伝統文化を、きちんと「正しい伝統」として受け継ぐために、何度でも言い続けないといけないことです。


(町内回覧より引用です)

1 浜松まつり期間中についてのお願い
 さて、本年も恒例の浜松まつりが近づいてまいりました。例年町民の皆様には、まつりの人出、賑わいについてご理解をいただいているところでありますが、本年もまつり期間中には昼夜多くの人出が予想されます。
 自治会・組員とも騒音対策等には注意をしております。本年も町民の行事としての浜松まつりにご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いします。


2 練りの参加についてお願い
(1)危険防止のため、小中学生以下の子供は、保護者同伴でも練りの中に入ることはできません。
(2)未成年者の飲酒・喫煙を絶対にさせないよう、保護者の皆様には充分ご指導願います。

3 ワッペンについて
ワッペンは身分証明書です。
まつり期間中に事故等がありました場合には、ワッペンをお買い上げいただいたお宅にて全責任を負っていただきますので、法被の貸し出し等につきましては、十分にご注意ください。

上記の件、なにとぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by talisker1969 | 2014-04-30 23:58 |
天上大風
b0088002_10453115.jpg

馬込川河口付近、いい風吹いてます。
去年の今時分もこんな風でした。
当日もいい風を祈って!!
[PR]
# by talisker1969 | 2014-04-26 10:45 |
あの日
私は職業柄、3月には手書きの書類を4ページ×40部近く作成するという仕事があります。


あの日も、同僚と机を並べて「終わらないねぇ」とつぶやきながら書類を作成していました。

……
……
「どうっ」という地鳴り。

「地震だ!!」「ちょ、ちょっとこれやばい奴ですよ。揺れが長いもん。」
周りの同僚がざわめき立ちました。


別室で会議をしていた管理職が慌ててやって来て、「海沿いに行ってる連中すぐ呼び戻して」「テレビつけて」


……その映像に、言葉を呑みました。



恐怖を忘れるように、ひたすら音楽を聴いていた人。
家と何度も電話をしていた人。
東北から何百キロも離れた遠州でも、たちまちに帰宅困難者が発生し、帰宅支援が行われました。


感謝していても自然は猛威を振るうことがあります。
だからといって傲岸な思い上がりは許されません。
自然は自然です。それ以上でも以下でもありません。


忘れてはいけないこと
受け継がなければいけないこと
そんなことを考える、3月11日です。
b0088002_21412929.jpg

[PR]
# by talisker1969 | 2014-03-11 21:41
四十八茶百鼠
更新がとぎれとぎれになってて済みません。

さて、以前ちょろっと話題にした件をネタに、とりとめもなく……

b0088002_23161731.jpg

茶色の法被についてです。

現在東田町には法被の色として茶色はありません。
しかしながら、水引幕にこのような図案があるということは、当時実際に茶色の法被が東田組にあったのか、あるいは少なくとも法被の色として、茶色は一般的だったからこのような色遣いになったのであろうと推測されます。


「茶色」というのは、子供にとってはウ○コ色を連想してしまうものです(おいおい)。

しかし、以前も書いた通り、茶色というのは日本の伝統色として重要な意味を持つ色です。

発端は、江戸幕府がたびたび出した奢侈禁止令です。庶民が服装の色に原色の使用を禁じられたことから、許された色のバリエーションを豊かにすることで、色の繊細さを楽しむようになったそうです。

一般的には定式幕の柿色が有名ですが、そのほかにもいろいろあるということで調べてみました。

■■■団十郎茶■■■……つまりは柿色ですが、名前の通り、歌舞伎役者市川団十郎家の色。十八番のうち「暫」上演の際にはこの色の素襖が欠かせません。
■■■葡萄(えび)茶■■■……団十郎茶と混同されることがありますが、もうすこし赤みがかった山葡萄(エビヅル)のような茶色。こちらも市川宗家の色で、「団十郎朝顔」という綺麗な葡萄色の花を咲かせる朝顔があるのだとか。
■■■芝翫(しかん)茶■■■……三代目中村歌右衛門(俳号:芝翫)の好んだ色。通人に受けた。大阪に「芝翫香」という宝石屋がありますが、これも芝翫贔屓のお店だったことからつけられた名前だとか。
■■■璃寛(りかん)茶■■■……二代目嵐吉三郎(璃寛)好みのオリーブがかった茶色。通人好みの芝翫茶に対して若者受けした色。
■■■路考(ろこう)茶■■■……二世瀬川菊之丞(路考)好み。鶯の体色に近い茶色。
■■■梅幸(ばいこう)茶■■■……初代尾上梅幸好み。黄緑色に近い茶色。


……うーん、奥が深い……
[PR]
# by talisker1969 | 2014-01-26 11:34
謹賀新年
b0088002_015544.jpg

皆様、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

浜松八幡宮より
[PR]
# by talisker1969 | 2014-01-01 00:01
押しつまりまして
今年もいろいろなことがあった1年でした。
「凧」におけるディズニーの一件、急ながら組長の拝命、新たなお祭り見物仲間との邂逅……
お祭でお世話になった方の急逝、シャバの仕事で拝命した大仕事……
皆様はいかがでしょうか。

さて、今年もお屠蘇の仕込みを行いました。

普通はお屠蘇と言ったら味醂だそうですが、我が家では昔から日本酒に屠蘇散を仕込みます。
しかも溶けきらないほどの大量の砂糖を入れて。
で、ちょっとお酒を張り込んでみましたwお正月だからいいですよね。
b0088002_19293145.jpg


あと、きんとんの餡の仕込みは男の仕事なんです。
b0088002_19314067.jpg


来年も、今年以上にいい年になりますように。

皆様もよいお年を!
[PR]
# by talisker1969 | 2013-12-31 19:33 | 身辺
浜松市西区 佐浜町祭典
今年は9月のお祭を見物に行けなかったので、続きまして10月第2週です。
ホントは藤枝とか島田も行きたかったんですが、今年は3か所です。

まず、親戚の住む、湖東地区の佐浜町。

b0088002_2026241.jpg

浜名湖沿岸によく見られるリーゼントの如き提灯w
鬼板の彫刻を明るく見せるために、このように進化していったそうです。

b0088002_20281063.jpg

構造も浜名湖沿岸に多い8本柱の2列目の御簾脇。ただし勾欄は屋台尻まで伸びているので、脇障子は背面にあります。

b0088002_20523227.jpg

法被の腰柄がいい感じだなぁ

鬼板の作風はどこかで見たような……
b0088002_20552552.jpg


公民館に到着した後だったせいか、お囃子もかなりのんびりとしていて、牧歌的に収穫を祝う、のんびりと楽しめるお祭でした。

[PR]
# by talisker1969 | 2013-10-15 20:56 | その他祭典
H25年度 二俣まつり
たてつづけに行きます。続いて二俣。

飯田、山東、そして二俣。
いずれもこの暑い時期にアツいお祭りを執行していらっしゃいます。

b0088002_20241138.jpg




このスピード感がたまりません。



b0088002_20244384.jpg




見ているこっちは暑さでふうふう言ってるのに、参加しているみなさんの凄さと言ったら……

誠に眼福でございました。

b0088002_20274611.jpg

[PR]
# by talisker1969 | 2013-10-14 20:29 | 二俣祭り
平成25年 山東八幡神社祭礼
こんばんは。
10月のお祭を見物してきたにもかかわらず、山東と二俣の情報を上げていなかったので、まずはこちらから(爆)

b0088002_19512687.jpg


プレ二俣のような過激さがウリのお祭ですが、今回は昼間のみで……


b0088002_19545547.jpg


来年は二俣並みの過激な夜のシーンを見てみたいな。

……あ、水ヶ谷の屋台を見るの忘れてた……
[PR]
# by talisker1969 | 2013-10-14 19:56 | 北遠その他の祭り
平成25年 森町飯田 山名神社祭礼
7/14、仕事が早く済んだので、山梨か飯田のどっちかが見に行けたらと思って車を走らせました。
(当ブログをお読みの方ならお分かりと思いますが念のため。「袋井市山梨」or「周智郡森町飯田」です)

到着したら、すでに飯田の山名神社前に屋台が整列、午後の曳き回しを待って休憩中でした。
b0088002_17563581.jpg


b0088002_17574618.jpg

彫刻も重厚です。
b0088002_17583946.jpg


b0088002_1812657.jpg

いよいよ出発!!

この猛暑の中を、この重厚な屋台を曳き回す皆様に敬意を表して。
[PR]
# by talisker1969 | 2013-08-27 18:02 | 森町その他のまつり


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧