酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
平成26年祭典見聞録 旧盆エイサー(その2)
さてさて、年が明けて横須賀のポスターも見かけるようになりましたし、当地でも「凧」の準備が始まります。
ということで、今年のお祭りが始まる前に、去年のお祭り動画の棚ざらえをしていきます(爆)。

まずはエイサー動画の続きから。
去年の沖縄エイサー訪問は旧盆の中日・ウークイ(お送り=最終日)だったわけですが……

ウークイの昼、残波岬を見物に行ったときのことです。

駐車場でその後の予定を思案していたところへやってきた、1台のトラック。
見ている真に打掛(ウッチャキ)脚絆(キャハン)のいわゆる「エイサー装束」の人たちがやって来て旗頭を下ろし始めました。
b0088002_22011122.jpg
「休憩中か?にしては今から正装?」
そう思いながら岬の方にある売店でブルーシールを買いに行ったら、なんと地方(ジカタ=三線の弾き手)の乗った軽トラが到着。
b0088002_22011439.jpg
準備を始めたのは読谷村の牧原青年会。
ちなみに帰って来てから知ったのですが、牧原地区はもともと読谷村の別の場所にあったのですが、村ごと移住して別の地域に住むようになった地域だそうです。


昼間に生エイサーを見たことがなかったので、ちょっとお得な気がしました(笑)

[PR]
# by talisker1969 | 2015-01-08 22:22 | エイサー
謹賀新年
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
b0088002_10145323.jpg

[PR]
# by talisker1969 | 2015-01-04 10:15 | 身辺
平成26年祭典見聞録 旧盆エイサー(その1)
3年ぶりにプライベートで旧盆時期の沖縄に行けたので、エイサーをば見てまいりました。
まずは中日(旧暦7月14日=今年は8月9日)
コザの旧市街についた途端、この大音量でお出迎え。



b0088002_20170786.jpg















幸先よく思っていたら、街中で名門園田青年会に遭遇。

ついでに某氏にも遭遇したりなんかして(笑)

ここで悩んだのが、「園田の全島バージョン@こどもの国」「室川@ごーやー荘」「北谷の謝苅or栄口」

当初の噂では、時間帯は室川が21:30ころという話だったのに、時間が近づいても全くそのケがない。

で、北谷方面にしようと思って、北谷方面へ行ったのですが、どうしても遭遇できないorz
結局今年も北谷方面をあきらめて(爆)、「どうやら室川はまだごーやー荘を始めていないらしい」という情報を入手。
仕方なく北谷町と沖縄市の中間を流していたら、南桃原青年会に遭遇。
足捌きがダイナミックです。


そして再び国道330号線に戻ると、ちょうど室川青年会と遭遇。



しかし国道の車線を使ってこれだけ堂々と伝統行事ができるのが羨ましい……
あ、そうそう、この時点でうわさに聞いていた21:30をかるーく2時間近く超えてました(笑)

続きは次回

[PR]
# by talisker1969 | 2014-12-03 19:57 | エイサー
平成26年祭典見聞録 遠州大念仏
さて、今年の祭典見聞録を上げていこうと思います。
11月になってからというのがアレですが(爆)

しかも厳密には祭典ではなくお盆の習俗。

でもこの感動はやはり祭りと同じです。










[PR]
# by talisker1969 | 2014-11-24 18:52 | 遠州大念仏
遠州祭り馬鹿 忘年の集い
遠州各地の祭り馬鹿が集まって、各地の祭りの醍醐味を語り合うOFF会
二俣の「南がく次郎」さんからのバトンで、幹事を引き受けることになりました。
b0088002_21383142.jpg

現在すでに何人かの方から参加表明をいただいていますが、それ以外の方の参加者も心待ちにしております。
「凧」はもちろん、屋台は四輪・二輪を問わず、大太鼓・霜月神楽・御輿……どのような形態でも、お祭りについてホットに語りたい方は是非ご参加ください。
ただし、会場の都合上、人数制限がありますことをご容赦ください。
問い合わせは、この記事に非公開コメントで願います。
[PR]
# by talisker1969 | 2014-11-07 21:53 | 祭全般
平成26年祭典見聞録 遠州横須賀 三熊野神社大祭
今年も祭典見物は横須賀に始まりました。って、10月も末に書くことかよ>俺(爆)

でも、そうは言っても遠州の山車屋台祭りの始まりはやはり横須賀です。
毎年「凧」の準備の合間に伺うのですが、今年は日曜午後の訪問と相成りました。
b0088002_22591741.jpg














今年は結構肌寒い横須賀でしたが、この軽快な明るいノリが、祭りシーズンの始まりを知らせてくれます。
b0088002_23025882.jpg














今年最初のベストショットかもw

「パワフルなお祭り」というより「陽気なお祭り」ですね。







[PR]
# by talisker1969 | 2014-10-28 23:33 | 横須賀三熊野神社大祭
来年の「凧」へ向けて
さてさて、ほったらかし管理人で申し訳ありません(爆)

今年も残り二か月ちょっと、皆様今年もいいお祭りができたでしょうか?

まだまだ掛塚や森のお祭りが残っていますが、来年に向けて楽しいお祭りができるように、精進をしていきましょう。

ということで、今年の凧合戦風景から。

b0088002_22105410.jpg

b0088002_2292081.jpg

b0088002_22115882.jpg


祭典見物記は、近日公開します。(って言っても、今年はあまりたくさん見に行ってないんですよね~)
[PR]
# by talisker1969 | 2014-10-15 22:12 |
遅くなりましたが……
あのアツい3日間からもう2カ月も過ぎていました。

今年は最終日の雨もあり、不完全燃焼の方もいたかもしれません。


もっと合戦をしたかった!!とか
屋台の運行が年々厳しくなってるぞ!!とか
子供のために大人が必死になる祭なのに!!とか

これからも考えないといけないことはたくさんありますね。
我々の「凧」を、さらに身近な、我々のための祭りに取り戻すために、これからもいろいろ考えていきましょう。

今年の凧の映像は、少しずつアップしていきます。もうしばしお待ちを……
[PR]
# by talisker1969 | 2014-07-03 22:58 |
-今年も……
おっともうこんな時間でぃ。


つーことで、

今年も、現場で!!
[PR]
# by talisker1969 | 2014-05-03 00:49 |
「凧」前に思ったこと
ウィキペディアの「浜松まつり」のこの部分、おそらくは小楠和正氏の著作を参考文献に書かれたものでしょうが、我々の「凧」が明治以降の100年の間に、合戦をベースとして発展してきたものであることがよくわかります。

〈以下引用〉
明治に入り庶民の娯楽が多様化すると初凧の習俗は「時代遅れなもの」として次第に行なわれなくなってしまうが、明治7年頃に浜松の職人町に消防組が組織されると各町の若者同士の対抗意識が高まって町同士による凧合戦が行われるようになった。消防組単位で凧合戦に参加していたことを直接確かめる資料は見つかっていないが、消防組の影響は参加各町を組で表すことや、古くから参加している町の凧印には纏を図案化したものがあることからも伺える。

1884年(明治16年)

「浜松駅紙鳶あげの馬鹿騒ぎは毎度記るせしが昨今は実に甚だしく去る廿四五日の頃よりは各町毎に隊伍を組み夫々の屯所には消防に用いる旗を立てて(中略)合図は太鼓喇叭で進退し田面麦畑のきらいなく奔走し、又各町人の見易き為会印に換る手拭を以ってし肴町は晒し、連尺は豆絞り、伝馬連は芥子玉と思ひ思ひに色分けし寺島、稲葉のごときさしもに広き畑中も狭しとする程群集し、恰も戦争に異ならず」--函右日報 明治16年4月28日の記事より

とあり、この記事からも消防組と凧合戦の関係がわかる。また、この記事には「太鼓喇叭で進退し」とあり、既にこの頃からラッパが凧合戦合図の為に使われていたことがわかる。現在でもこのラッパの始まりを、大正初期に和地山練兵場で開催された際に見物していた兵士によって吹かれたことから、と紹介されることがあるが誤りである。

この頃数組以上が集まって凧合戦が行われていた場所として田町の大安寺・法雲寺、北寺島町の機関庫建設予定地、新川端から馬込川端、伊場の鉄道工場建設予定地(現在のJR東海浜松工場)などがあったが大正7年からは和地山の練兵場(現在の和地山公園)に一本化されて行われた。
〈引用終了〉


むろん「凧合戦」とは、空中戦です。地上戦ではありません。
お互いの糸を切り合うことで、町の士気を高めてきたのです。

映画「合戦」(昭和51年 青池憲司監督)に於いて、合戦にもまれながらも決して落ちることのなかった当町の凧、あの映像が目標です。

今年も素晴らしい空中戦が行われることを祈念しまして……
[PR]
# by talisker1969 | 2014-05-02 00:45 |


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧