酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
天上大風
b0088002_1155946.jpg

馬込川河口までチャリで来ました。

ただいま風ブンブンです。

当日もこんな風を祈って。
[PR]
by talisker1969 | 2013-04-27 11:55 |
花のロマンをやさしく秘めて
歌手の田端義夫さん死去 バタやん、「大利根月夜」
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013042501001171.html

浜松では田端義夫さんのご当地ソング「浜松夜曲」が思い出されます。



その昔、凧場では「浜松夜曲」と小唄勝太郎さんの「凧あげ音頭」そして市丸さんの「浜松まつり唄」「凧あげ小唄」の四曲がずっと流れていました。
おふくろの昔語りでは、この時期、有楽街・モール街・千歳柳通りでも夜になるとBGMとして流れていたそうです。

また一歩、昭和が遠くなってしまったような気がします。
ご冥福をお祈りします。
[PR]
by talisker1969 | 2013-04-25 23:04 | 地域
樟脳のにおいとともに
いよいよ水引幕と見送りの緞帳の樟脳抜きまでやってきました。
b0088002_2311975.jpg

当町のシンボルでもある、狐の嫁入りの図です。

で、ふと思ったこと。
b0088002_234416.jpg

先頭は見てのとおり、裃の露払いの後ろに続く四つ手駕籠の舁き手は釘抜き紋の黒い装束。
もともと東田町では黒の法被は役員および施主限定で、一般の法被が浅葱でした。
駕籠舁きが黒装束なのは施主家だからなのでしょう。


しかし、
b0088002_23161731.jpg

後方の挟箱・長持を持っている狐は茶色の装束。


ご存じのとおり、現在東田町には茶色の法被はありません。
(僕の記憶の範囲では、少なくとも昭和40年代以降ありません。)
とはいえ、茶色は「団十郎茶」「芝翫茶」「璃寛茶」「葡萄茶」など、歌舞伎になくてはならない日本の伝統色です。

刺繍・染色に青系の色が使いにくかったから?
田町インスパイアで茶の装束にした?
それとも、かつて東田町に茶の法被があった?

「たまたまだよ」なのか、それとも深い意味があるのか、考え始めると、いろいろ興味深いものです。
[PR]
by talisker1969 | 2013-04-22 23:53 |
あと1カ月を切りました。
さてさて、本番まで1カ月を切りましたね。

過日新聞記事にもありましたが、「ディズニー関連の警備と安全は大丈夫?」という不安はやはりあるわけです。

万が一、
・ディズニーだけが目当ての客が退避するのと、屋台の出発準備で気が立っている参加者との間でトラブルが発生したらどうなるのか?
とか、
・見物客に不用意に屋台を触られて傷つけられでもしたら、その責任はだれに帰するのか?

など、いろいろな不安は全くぬぐえません。

こんな話題はすでに組織委員会で議論が尽くされているのかと思ったのですが、今になって「まずい……」と口走られても、こちらの方が不安になります。
(この組織委員会も、統監部員に発言権があるかどうかさえ疑わしい、現場不在の不毛な組織ですが。)

どうか、絶対無事故での祭り、力強い我々の「凧」を執行できますように祈りましょう。
[PR]
by talisker1969 | 2013-04-11 22:28 |


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧