酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
凧揚げ合戦・屋台引き回しに関する実施要綱解説10(第20~23条)
今回は凧そのものというより、凧場に関する条項です。
(全て原文ママ)

第20条 凧会場での練りは練り通路内で隊列をくんで会場東方より本部前を進行し西方の角(会場入り口)までに,解散する。隊列の前後には,必ず,組長もしくは副組長2名以上で監督指導する。

第21条 凧揚会場の開門は5月3・4・5日の3日間を午前7時00分とし,閉門は午後5時00分とする。

第22条 凧置場の開門は5月3・4・5日の3日間を午前7時00分とする。凧置場の閉門は午後5時00分としそれ以後は入門できない。

第23条 陣屋の高さについては張り線の高さまでとする。


原文ママですが、文体が統一されていないのはいろいろな場合において条文がどんどん追加されていった名残でしょう。

20条の凧場での練りについての条文に「練り通路」とありますが、北側のアスファルト舗装部分のことを言うのでしょうか?だとすれば「揚げつけや合戦の邪魔をしないようにしなさい」ということでしょう。また、本部前を進行するように指示されているのは、トラブル予防と観覧席対策であると考えられます。

22条の凧置場については、凧を安全に保管する目的で弾力的な運用がなされていると記憶しています(もちろん雨天時に凧を濡らさないためなどの限定的な状況においてですが)。

逆に23条については、最近運用が厳格になっているような気がします。
陣屋裏に凧を用意しておく際、尾骨を固定しておく目的で鉄骨に小さい骨を縦に付け足している町がありましたが、落下した凧がここに刺さって回収しにくくなる事例が多くあったため、禁止になったようです(確か去年の組長会議で伝達事項に挙がっていたと記憶しています)。

凧に関する条項はこれで結び。次回から屋台に関する条項が始まります。
[PR]
by talisker1969 | 2009-03-16 23:50 |
凧揚げ合戦・屋台引き回しに関する実施要綱解説9(第17条その5および18~19条)
17条の最後の部分です。
(原文ママ)
第17条 凧揚げ合戦に参加する各組は、次の事項を特に守らなければならない。
(承前)

14 凧糸が切れて凧が揚がっている場合は速やかによりつなぎをし,その後合戦にのぞむこと。ただし,凧揚げ会場外の場合は凧をおろすこと。

15 合戦中糸がもつれた場合,やむを得ずハサミを使用する場合においては双方の組長もしくは副組長及び凧揚部員立会いのうえで整理すること。

16 落とした凧は,理由の如何を問わず踏みつぶさないこと。


14項は意外に思う人が多いかもしれませんが、例えば糸枠周辺の糸が切れかかっていたり糸接ぎをした部分が弱かったりして接ぎ直しをする際に、この項がないとどうしようもなくなってしまいますね。
僕も以前自町でこの場面に2度ほど遭遇したことがあります。

15・16項はトラブル予防のための条項ですが、特に15項のハサミを使用することに「やむを得ず」と表現しているのがいかにも浜松の凧合戦らしくていいですね。ハサミを使う=戦線離脱ですから、「あなたがたは徹底的に合戦をしなさい。ハサミを使用して敵前逃亡をしてはいけません」という風にも読めます。

ついでに18・19条も17条以前がらみの内容なので、続けて記載します。

第18条 凧揚げ合戦中は,凧揚部員の指示に従い不祥事を起こさないよう特に注意するとともに,事故の発生したときは,ただちに組長もしくは副組長をもって凧揚部に申し出,すべての責任は自治会長が負うものとする。

第19条 前条による事故発生の場合は,凧揚部員が調停を行う。

凧揚部員の権限および責任の重大さが読めますね。(けれどこの2箇条の内容を屋台に置き換えると第(ry

……えーと、次回は凧そのもの以外についての凧場に関する第20~23条です。
[PR]
by talisker1969 | 2009-03-10 21:54 |
当町も本日より準備開始
b0088002_1145584.jpg

今年度は手ぬぐいをリニューアル。
戦前の凧印と並べてみました。
[PR]
by talisker1969 | 2009-03-08 11:04 |
凧揚げ合戦・屋台引き回しに関する実施要綱解説9(第17条その4)
17条も残すところ5項目となりましたが、まず今回は2項目です。
(全て原文ママ)
第17条 凧揚げ合戦に参加する各組は、次の事項を特に守らなければならない。
(承前)

12 先回りは,組監督以上の役員と5人以上の組員を引率するものとする。ただし,子供は凧揚げ中一定の場所に集合させ,危険な競技場に近寄らないよう子供監督は注意すること。

13 合戦中凧が落下した組は,速やかにその行動を中止し,相手方より糸をはなすこと。また,空糸で相手方に合戦を仕掛けてはならない。さらに,凧落下の場合には,係員の指示に従うこと。

先回りの項目をふくめて、凧の落下及び合戦の勝敗がついたあとの項目です。
凧の落下はかなり危険ですが凧場では避けて通れないイベントです。
それゆえ安全管理には充分気をつけるべきなのです。なのですが……
やはり合戦の熱い空気を見ないことには、凧場に行く意味がありません。
凧場でゲーム機を覗き込んでばかりの子供に育てないためには、12項を弾力的に読み取って、きちんと子供を凧場に出すべきでしょう。

13項はすでに言わずもがなですね。空糸で合戦なんて、どう考えてもズルですから。
祭りもズルには厳しい眼が光ります。祭りもやっぱり倫理ですね。
[PR]
by talisker1969 | 2009-03-06 21:35
眼に正月~松江町屋台展
眼に正月:書画骨董や美術鑑賞などをして、眼の保養をすること

松江町の屋台展があるというので日曜日に松江町公会堂に行って参りました。

松江の屋台は昭和24年建造。戦後最も早く復活を遂げた屋台です。
現在屋台は休止中ですが、大村善太郎の彫刻がすばらしいので、じっくり見たいと思っていました。
b0088002_20225067.jpg

鬼板懸魚はスサノオの大蛇退治と桃太郎の鬼退治。

b0088002_20243950.jpg

当時を知る貴重な写真や資料まで展示されていました。

b0088002_20253945.jpg

斗組もきちんと組み立てて展示されていて、建築の勉強にもなります。

b0088002_20263144.jpg

斗組と梁に囲まれた「牡丹に唐獅子の玉遊び」の蟇股彫刻。
きちんと角度を工夫して撮りたかったなぁ。


観覧席ではなく、こうやって間近で彫刻を見たいものです。

遠州の祭りシーズン開幕前の、眼福のひと時でした。
松江町の皆様、ありがとうございました。
[PR]
by talisker1969 | 2009-03-05 20:30 |


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧