「ほっ」と。キャンペーン

酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
リンクの整理
ブログばかり書いていたら、HPの方のリンク切れが結構あるのに気がつかなかった。
閉鎖のお知らせを頂いたものには逐一チェックをしていたのだけれど、知らないうちにリンク切れになっているサイトがかなりあった。
きちんと確かめておかないといけないね……
[PR]
by talisker1969 | 2008-07-21 20:53 | 身辺 | Comments(1)
凧揚げ合戦・屋台引き回しに関する実施要綱解説3(第8・9条)
ひさびさです。今回は簡単に。

第8条 参加各組の組長もしくは副組長は、まつり期間中凧揚げ会場へ到着したときは、凧揚部へ届出ること。

本部の放送が「○○町ぃ~~はぁ~~~、と~~ちゃくほ~~~~こくをぉ~~~~、ただぁ~~ちにぃ~~~~してぇ~くだぁさいぃ~~~~」とやるのの根拠です。


第9条 各組役員は、次に定める「タスキ」をハッピの上に必ず着用すること。ただし、「タスキ」の幅は、12センチメートルとする。
(1)正副自治会長      ヘリ  桃色
(2)組長もしくは副組長  ヘリ  緑色
(3)組役員               赤色

一時期「あの紫タスキって何だよ」とか「『組長代行』『筆頭副組』という青ダスキはいかがなものか」という議論があったけれど、規約ではこうなってますね。
最近は他の色のタスキは見かけませんが、「組長代行」「筆頭副組」は今でもよく見かけます。
ただ、青ダスキは、各組で外交権限を持つ存在であり、このような役職を作ると、責任の所在がはっきりしなくなるので、やはり青ダスキに「組長」「副組長」以外のことを書くのは控えるべきでしょう。数年前に組長会議でも話題になっていたと思います。
[PR]
by talisker1969 | 2008-07-20 13:05 | | Comments(0)
凧揚げ合戦・屋台引き回しに関する実施要綱解説2(第7条)
今回は【総則】から祭装束に関する関する第7条
だけで。

第7条 凧揚げ合戦及び屋台
の引き回しに参加する各組は、正規(本裁ち)のハッピを着用し、ワッペンをつけ、無印・裏返しの「ハッピ」及び「鳥追笠」を着用してはならない。



この部分、以前は陣笠やピーピー笠も禁止していたような気もしますが、さすがに今のご時勢にピーピー笠をかぶる人もいないので削除されたのかもしれません。
ハッピの柄や裄丈については細則に規定があります。ただし今回は細則についてはあまり触れず、実施要綱のみを扱わせていただきます。

正規のハッピとは、つまり「町が規定した正規のハッピ」です。
図案は細則では一種類のみとなっていますが、近年戦前のハッピの図案を復刻する町が多くなっています。
これについては本来なら禁止なんでしょうが、原点回帰を考えるとむげに規制をかけるのもいかがなものかと言う点も気になります。

しかしこの条文の精神は、そういうことを規制するためではなく、あくまでも町(および組)が参加単位であり、内半纏のみで祭に参加することを禁止するための条文であると考えます。

近年特に多くなりましたが、内半纏だけで凧場を闊歩する人たちを見かけます。町の法被でもなく、甚だしいものになると町名さえなく「酔」「乱舞」などと書いてあるだけだったりして「結局彼らは祭りに参加しているつもりなんだろうけれど、酒が目当てで凧も屋台もまったく興味を持っていないんだろうな。けれどそれじゃ祭りに参加しているとは言えないな」と感じてしまいます。

遠く聞き及ぶと、青森のねぶたでもカラスハネトなる一団が存在し、勝手な装束で、ねぶたを担ぐでもなく、ねぶたの周りで跳ねるでもなく、ただ酒と不行跡に明け暮れていたとのこと。
青森ではその対策としてカラスの隔離政策を取ったとたん、「その場にいる限りカラスもねぶたの一要素」と思われ、逆にカラスの存在を認めることになってしまい、カラスの不行跡(特に暴力行為)がエスカレートし、ねぶたが崩壊寸前にまでなってしまったそうです。
現在青森ではカラス排除の方向で運営も進んでいるようですが……

振り返って浜松。
内半纏の衆はとりあえず現時点においては法律的な無法を行っている衆は寡聞にして聞きませんが、祭りの風紀と言う点では感心できるものではありません。また「町」という縛りがないだけに、彼らは負うべき責任を逃れているのと同じです。


恥ずかしい話ですが、数年前に浜松の法被を着た衆が他地の秋祭りで騒動を起こした結果、地元の方にはまったく責任がないのに、警察から祭典役員が咎められたというあきれた話があります。
警察の人の祭りに対する見識なんてそんなもんです。内半纏衆が無責任に不法無法を行っても、彼らが逃げてしまえば、責任はまじめに祭りをやっている我々にやってきますよ。

そのうえから組の法被を着ていればまだしも(個人的には好みではありませんが)、祭りのあるべき部分からも逸脱し、町の責任からも逃れていると言うのは……

そろそろ、内半纏に対して、毅然とした態度を取るべきではないでしょうか?


ちなみに裏返しの法被は昭和30年ごろまではごく普通だったようです。HPトップの法被も総裏の法被を裏返して着ていたもののようです。そのほか、消防団の刺し子を着ている人もいたようですね。
その昔は参加町数も少なかったし、1町当たりの人数も少なかったから「あいつは○○町の××だ」で済んだんでしょうね。
ただ、参加者数が増えて「あいつどこの町の野郎だ?」になってきたから、規制するべきという方向に進んだんでしょうね。この辺はやむをえない規制でしょう。
[PR]
by talisker1969 | 2008-07-06 21:51 | | Comments(0)


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のコメント
ご参加いただき、ありがと..
by talisker1969 at 23:27
当日になってしまって済み..
by talisker1969 at 17:06
>doskey様 コメ..
by talisker1969 at 21:55
あの太鼓から腹の底まで響..
by doskey at 19:01
ご祭禮おめでとうございま..
by ろう at 11:30
>遠州人 さま ようこ..
by talisker1969 at 21:23
 大変ご無沙汰しておりま..
by 遠州人 at 20:47
お返事遅くなりまして申し..
by talisker1969 at 23:19
歴史ある雄踏の祭にガラが..
by 凧揚げ祭は中田島海岸でやってく at 15:00
発言者様> まことに失..
by talisker1969 at 21:29
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧