酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
『凧』のわきまえ(その1)
過日オフ会で話題になった「弁える」ということについて、少しずつ……

わきま・える【弁える】

(1)物事の区別や善悪の区別をする。
「ことの善悪を―・えなければならない」
(2)人としての道理を承知している。
「礼儀を―・える」「場所柄を―・える」

これを踏まえて、
「『凧』において、弁えないといけないことは何か」
これを考えてみましょう。

知人の某氏が言っていたことですが、「凧場で仲良くなんかやれるわけがない」
たしかにそうなんです。合戦の場ですから。
まして凧場の仁義を充分に知らない見物客があまり無用心に凧場に入ってくると、危険極まりないわけです。
ですから見物の方には「凧場」という神聖な戦場に入るに当たっての用心、これを弁えてほしいわけです。



しかし、「『凧』が戦いである」 このことを忘れている参加者が増えています。
「にこやかに子供さんをお祝いして終わり」になっているのではまだまだ半分なのです。
よく「初凧が落ちたら縁起が悪い」という人がいますが、そうではありません。

合戦に入っていきなり負けても、「凧がああだったからこの子は潔い人間に育つぜ」
合戦の中でいつまでも生き残り続ければ、「いつまでもしたたかに生き残る、強い子になるよ」
「合戦に入らずに試合放棄」ではこういう話題ができません。

凧場上空はキャンパスではありません。戦場です。
戦場で「凧」という戦いの醍醐味を味わうことが法被人のわきまえなのです。
[PR]
by talisker1969 | 2007-03-30 00:04 | | Comments(0)
横須賀の法被その2
過日横須賀のた組の法被をupしましたが、今回はその続き。

もうひとつ横須賀の法被です。

こちらは西田町「に組」の法被です。

b0088002_21361346.jpg



左袖がちょっと傾いているのは、衣紋掛け代わりのものさしの長さが短かったためで、縫製のミスではありません。

縫製屋さん曰く、「横須賀が終わると、いよいよ浜松だやぁ」。

空気がお祭りっぽくなってきました。
[PR]
by talisker1969 | 2007-03-27 21:38 | 法被コレクション | Comments(0)
逃げ水
「新参の町にとって、旧町の皆さんはブランドです。」
以前、とある新参の町の若い人に言われた言葉です。

しかし、旧町もブランドだからと言って甘えてはいられません。

上記の新参町氏が続けて曰く、
「だから、僕たちは少しでも旧町の皆さんに追いつこうと努力しています。
努力する志が消えたら、僕たちが『凧』に参加する意味がなくなってしまいます。
だから、旧町の皆さんには、いくら追いかけても追いつけないブランドであってほしいんです。」

ブランドは高みにあるからブランドなのです。
憧れられるためには、憧れられるだけの努力。

難しい言葉で言うなら、「ノビレス・オブリージェ」
言い換えれば、ブランドがブランドとして認められるための責任。

身が引き締まる思いです。
[PR]
by talisker1969 | 2007-03-25 16:27 | | Comments(1)
アクセス数
昨日今日でアクセス数が異常に伸びた。(昨日一日で、いつもの1週間分を稼いだ)

死しても恐るべし、鴨志田穣。
[PR]
by talisker1969 | 2007-03-22 23:08 | 読書 | Comments(2)
早すぎる死
今朝の新聞で見てびっくりです。

<訃報>鴨志田穣さん42歳=フリーカメラマン、ライター

えーと、簡単に言うとどう言えばいいのかな?とにかく「鳥頭紀行」「どばくちさいゆうき」の西原理恵子さんの旦那です。(内縁ながら復縁したらしいので、「元旦那」ではなく、「旦那」としておきます)。

このショックは中島らもさんのときに匹敵します(らもさんは事故死でしたが)

もうちっと長生きして、またサイバラといいセッションを組んでほしかったなァ。
[PR]
by talisker1969 | 2007-03-21 15:40 | 読書 | Comments(1)
キャスターの本質って……?
娑婆の仕事の通勤時には、行きはラジオ(SBSが多い)、帰りはCD(音楽と落語が半々)。

これが僕の通勤のBGMです。


今日、出勤時にラジオを聞いていたら、「時事川柳」をやってました。
この時事川柳コーナーは思いのほか面白いのですが、今日、ちょっと気になったこと。

それは、この句です。

欧米化 よりも地方の 東京化

僕はどう考えても、この句の意味を「地元資本の衰退と、東京資本の流入による地方のプチ東京化、および個性を失い均質化した地方の現状」という内容でしか読めないんです。

ところが、この時間帯のアナウンサー氏は、こんな感じのことを言ってました。
「東京のお店がやってきて、静岡の皆さんの期待が……」

それでいいの?
アナウンサーのSさん、あなたはしょちゅう「個性の大切さ」をこの番組の中でおっしゃっている割に、この句の意味が読めなかったの?
[PR]
by talisker1969 | 2007-03-15 18:22 | 地域 | Comments(0)
寒くて当然?
いやしかし寒いですなぁ。

いままでの異常気象が覆されたような寒さ。

まるで冬が戻ってきたような寒さ。この辺でも都田方面はみぞれが降ったそうで。



と、ちょっと考えたこと。
ここ数日の寒さは、冬が返って来たんじゃない。
ようやっと冬になったんじゃないかってこと。

え?どういうことかって?

ほら、去年の舞阪のお祭りはいつでしたか?
あ、知らない人もいるか。
舞阪のお祭りは毎年旧暦9月15日ですね。

んで、去年は11月の第一週にありましたよね。

「だから何?」って?

例年舞阪のお祭りは10月半ばですよ。
つまり去年の舞阪が半月ほど遅れているということは、去年は旧の閏年。つまり1年が13ヶ月。
半月~1ヶ月ほど季節が先延ばしになっていると考えれば、まだまだ寒くても当然……とは言い過ぎか……?
[PR]
by talisker1969 | 2007-03-12 21:43 | 身辺 | Comments(0)
凧のオフ会
昨夜は凧好きな各町の有志とのオフ会。

まあ、とにかくアツいことアツいこと。
とはいえ、いまの「凧」のありようを心から心配する人たちばかりで、心強いばかり。

とかく悲しい話なのですが、「浜松まつりはヤリまつり」だの「タダ酒のめてバカやれるから浜松まつりサイコー」とかほざく小僧どもの多さを嘆き、今後どうあるかを考えている人たちの悲憤慷慨。

そんな中で、今年の我々のテーマは「弁(わきま)えの大切さ」となりました。
詳細については追い追い書いていきます。
[PR]
by talisker1969 | 2007-03-11 17:50 | | Comments(0)
回覧板
いま、凧に関する自治会の回覧を作成中なのですが、なかなかこの手の文章は難しい!

前回の回覧の内容とダブってはかっこ悪いし、気にしすぎて不自然な文章になったりもするし……

とりあえず、寄付のお願いと立ち上がりの案内の文章完成!


てことで、明日は消防の方面隊訓練ですので、本日はもう寝ます……
[PR]
by talisker1969 | 2007-03-03 22:54 | | Comments(0)


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のコメント
ご参加いただき、ありがと..
by talisker1969 at 23:27
当日になってしまって済み..
by talisker1969 at 17:06
>doskey様 コメ..
by talisker1969 at 21:55
あの太鼓から腹の底まで響..
by doskey at 19:01
ご祭禮おめでとうございま..
by ろう at 11:30
>遠州人 さま ようこ..
by talisker1969 at 21:23
 大変ご無沙汰しておりま..
by 遠州人 at 20:47
お返事遅くなりまして申し..
by talisker1969 at 23:19
歴史ある雄踏の祭にガラが..
by 凧揚げ祭は中田島海岸でやってく at 15:00
発言者様> まことに失..
by talisker1969 at 21:29
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧