「ほっ」と。キャンペーン

酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
カテゴリ:森の祭り(三嶋・天宮ほか)( 7 )
森の祭りに思うこと
森の祭りになぜ惚れるのか?
その問いに答える前に、まずはこの動画をご覧ください。↓

下宿の公会堂付近で見かけた、高校生と思しき一団です。
肉襦袢から見ると、いろいろな町の若人がセッションで石松囃子をかけているようですが、重要なのは、この年代の少年たちがきちんとお祭りの核心部分にきちんと取り組んでいるということです。

どうかすると、「お祭りの開放感ではしゃぐ部分のみがお祭りの楽しみである」かのように感じている人たちも多いのですが、実際お祭りとはそうではないもののはずです。
むろんお祭りですからお通夜のようにおとなしいのは困ります。
しかし屋台祭りだったらお囃子と元気の良い曳きまわし、われわれの「凧」だったら凧揚げと合戦、核心部分の醍醐味があってこそ祭りは輝くのです。


本物に必死になっているから、この動画のように自らの祭りに感極まって涙する方がいるのもむべなるかな、です。


この舞児還しという風習もそうですね。


三嶋神社から舞児の家まで、「社長さんは提灯を掲げる腕を決して下ろしてはいけない」「屋台の曳き手たちも手木を決して地面につけてはいけない」という決意と緊張感があるから、単なる力強さだけではない感動が見えてきます。

今年も感動をありがとうございました。
[PR]
by talisker1969 | 2009-11-16 21:09 | 森の祭り(三嶋・天宮ほか) | Comments(0)
遅くなりましたが、森の報告
二日目だけですが、今年も森に行ってきました。

到着したとき、ちょうど神幸祭が始まりました。


b0088002_2042031.jpg


この喧騒こそが森の醍醐味かもしれませんね。


b0088002_2073123.jpg


金守神社からの曳き別れ。


車軸係はもしかしたら二輪屋台で一番責任の重い仕事かも知れません。
b0088002_20131285.jpg




夕方以降の動画は次の機会に。
[PR]
by talisker1969 | 2008-11-15 20:16 | 森の祭り(三嶋・天宮ほか) | Comments(0)
「練り」と言っても森の練りは……
こういう激しさです。
b0088002_2064161.jpg

第二本部近辺での練りです。
動画はこちら。

こんな激しい場面でも、決してお囃子は休ませない。
お祭りのあるべき姿が変な方向に行っていない。その光景がいい。
[PR]
by talisker1969 | 2007-11-10 20:14 | 森の祭り(三嶋・天宮ほか) | Comments(0)
森の祭りその3
いやあ、それにしても元気がいいです。元気がいい上に見識も高い。
だいいち飯時以外に屋台が休んでるのって見たことないもんね。

時系列崩れで動画の紹介をしてしまってスマソ。

下宿~川原町界隈にて、南町「湧水社」の屋台。

栄町「藤雲社」が三嶋神社入り、舞児還し直前。

向天方「慶雲社」の舞児還し。
[PR]
by talisker1969 | 2007-11-08 21:56 | 森の祭り(三嶋・天宮ほか) | Comments(0)
森=喧嘩祭りとも言われる所以
b0088002_23375166.jpg


手柔らかに、まずはこのおとなしめの動画から。
4日14時前くらいの森駅前

けれども、今回のメインはこんなのじゃござんせん。


舞児還しも無事に済み、さて各町戦闘モードに入った頃。
袋井のAさんと一緒に本町界隈をぶらぶらしていたら、下宿の屋台がすーっと抜けていく。
森の屋台にしてはそこそこのスピード。「ん?」と思って郵便局方面を見ると、2台の屋台がすれ違おうとしてつっかえている。
「ああぁ、掛川だったら手木あわせから徹花という流れだなぁ」と思いながらぼんやりと見ていました。(そのためカメラもよそ見しがち)

ようやく車軸だけでなく車体もすれ違えたらしい、と思っていたら、すれ違えた1台の屋台(南町)が猛スピードでこっち側に突っ込んでくる!それこそ二俣も斯くやという勢い。
殺気立った雰囲気にひるみそうになりました。
ということで、この一連の流れはこの動画でご確認ください。

[PR]
by talisker1969 | 2007-11-06 23:51 | 森の祭り(三嶋・天宮ほか) | Comments(4)
2007 森の祭り第一報
家に帰ってきたときにはくたくたで、飯を食ったらバタンキュー。
b0088002_2375521.jpg

ということで、第一報です。


b0088002_237371.jpg

毎年思うのですが、激しいというか過激というか……

b0088002_23913.jpg


動画はとりあえず3件上げます。
森駅前での大門の屋台



栄町近辺の城下の屋台



舞児還し直前の新町の屋台



舞児還しや練りの動画は後日。
[PR]
by talisker1969 | 2007-11-05 23:14 | 森の祭り(三嶋・天宮ほか) | Comments(0)
森の祭り
 三連休初日は、森の祭り見物に行ってまいりました。
b0088002_2124928.jpg

 いつも思うんですが、森の激しさには感心します。
 舞児の伝統に懸ける思いももちろんそうだし、屋台を激しく振るあの動作、しかし屋台はあくまでも美しくないといけないという美意識。
 この辺は掛川にも似ているんですが、掛川があくまでも御城下のお祭りとしての美意識であるのに対し、森は遠江一ノ宮を控えた地であるという意識、そして街道有数の侠客を生んだ地であるという思いがあるのではないかとも思います。
 よく「江戸時代、将軍家に降嫁した皇族方をお泊めするだけの格式のある宿は、掛川にも袋井にもなかった。あったのは森町村だけだ」ということを今でも語り草にしますが、言葉の力強さはダテではありません。 とにかく気持ちの入り方が違う。
 「あいつら屋台だけじゃないか。それに比べて浜松は凧があっての上での屋台で……」いえいえ、彼らの「屋台」がどんなに激しいか、実際に見てみてくださいよ。彼らは屋台で丸一日ですから。
 僕が浜松に住み、「凧」に誇りを持ちながらも二輪屋台に惹かれるのは、彼らの祭りのプライドに敬意を表するからなんです。
 「え?9時以降の屋台の引き回しは禁止?わーったよ。じゃあ早く切り上げてやらあ」とか言いながら早朝の3時から「朝祭り」を執行するというイキな荒技をかましてくれる袋井も、
 「イシバシヤ前で町の意地と主張を通すのが外交の仕事。しかし喧嘩をしたり相手の万度をつぶしにかかるのは無粋のきわみ」と言い切る掛川も、
 「屋台はそんなに金かけてないけれど、幕のしみ抜きだけで100万も取られた。屋台は激しく振ることができなきゃダメ」とあっけらかんと言い放つ日坂も、
 そしてもちろん、ただひとこと「ここには伝統がある」と語る森町も、どこも素晴らしい祭礼文化の精華を見せてくれます。
 浜松も凧と屋台を、誇りを持って執行しましょう。
動画は北街社(新町)の屋台。
http://www.youtube.com/watch?v=XHee_8uTqdg
 遠州三河祭り街道、次はいよいよ天竜奥三河から霜月神楽・花祭の出番です。
[PR]
by talisker1969 | 2006-11-08 21:26 | 森の祭り(三嶋・天宮ほか) | Comments(0)


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
お気に入りブログ
最新のコメント
ご参加いただき、ありがと..
by talisker1969 at 23:27
当日になってしまって済み..
by talisker1969 at 17:06
>doskey様 コメ..
by talisker1969 at 21:55
あの太鼓から腹の底まで響..
by doskey at 19:01
ご祭禮おめでとうございま..
by ろう at 11:30
>遠州人 さま ようこ..
by talisker1969 at 21:23
 大変ご無沙汰しておりま..
by 遠州人 at 20:47
お返事遅くなりまして申し..
by talisker1969 at 23:19
歴史ある雄踏の祭にガラが..
by 凧揚げ祭は中田島海岸でやってく at 15:00
発言者様> まことに失..
by talisker1969 at 21:29
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧