酒上不埒 三日(置き)坊主の日記

「浜松まつり」ではなく凧揚祭を愛し、あちこちのお祭りも愛する東田組HP管理人の日記
「おもてなし」とは何ぞや
お久しぶりです。

「凧」後のごあいさつもなく、ずーっとほかっていましたが、ブログを復活いたします。
今後ともデホーにお付き合いいただければ幸甚です。
ということで、「森町飯田天王祭」「遠州大念仏」「二俣まつり」を近日公開します。

さて、表題の「おもてなし」についてです。

「おもてなしの町、浜松」
ご存じ、浜松の観光コンベンションビューローが喧伝している浜松のキャッチコピーです。

で、観光のキーワードとしての「おもてなし」って、何なんでしょう?と思うわけですね。
一昨年でしたっけ?有川浩の『県庁おもてなし課』がスマッシュヒットした際にも、観光における「おもてなし」がキーワードになったわけですが……

祭礼や伝統行事(特に我々の「凧」)に関して言えば、何をすれば「おもてなし」になるのでしょう?

伝統行事を観光の一環に組み込むことはどこでもやってます。

しかし、伝統行事の内容そのものはたいして「おもてなし」とは言えません。
たとえばJR駅舎でのポスター掲示拒否が問題になった岩手県の蘇民祭。
あるいは異形の神が誰彼かまわず泥を塗りつけまくる沖縄宮古島のパーントゥ・プナハ。
日常・あるいは常識の観点から見れば、むしろ不気味だったり不快だったりということだってあります。

それに参加者(あるいは行事の実行者)は見物に来た人に対して酒食をふるまうわけでも何かモノをプレゼントするわけでもありません。

しかし人々は祭事を見物に来ます。
ある時は「古式ゆかしき優雅な舞」を見に、
ある時は「町衆の心意気」を感じに、
またある時は「浄化と再生」を共有しに、
さらには「勇壮で圧倒的な迫力」を共感しに、

それは「よきものとして受け継がれて来たもの」を感じるためと言ってもよいでしょう。
たとえ現場の人間が見物客と接触せずとも、伝統を伝統として堂々と見せれば、それは「おもてなし」なのだと考えます。

「朕の新儀は未来の先例」とのたもうた帝がいましたが、「未来の先例」となれるだけの合理的論拠もなく、軽佻浮薄に時代に迎合するような「新儀」は「おもてなし」とはとうていなれるはずがありません。


迫力や美しさをはっきりと見せる努力
受け継がれるべく受け継がれてきた伝統

これを守っていくことが大事だと思います。
[PR]
by talisker1969 | 2013-08-19 23:56 | 祭全般
<< 平成25年 遠州大念仏 いよいよ!! >>


by talisker1969
プロフィールを見る
画像一覧
お断り
 このページは、東田組の公式見解ではなく、あくまでも個人ブログです。また、単なる凧そのものや、「浜松まつり」と区別して、私達の凧揚祭を「凧」とカッコ付きにしてあります。「おまつり広場」だの「吹奏楽パレード」だの「日本民謡総おどり」だのを含んだ行政主導のイベントについて、およびほかの人の引用部分は「浜松まつり」と表記してあります。あくまでも旧来続いてきた凧合戦と屋台を焦点に据えていますので、それを頭に入れてこの日記をお読みください。
 リンクご希望の方は↓からメールいただけると幸いです。
浜松凧揚祭 東田組凧揚会
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「浜松まつり」中止を考える会
from ウエスタンパブ駅馬車
掛川祭り、最終日
from 「深」のめも
合戦
from 天の杜
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧